前へ
次へ

土地活用の新たな選択となる賃貸併用住宅

土地活用の選択肢の一つとして、賃貸併用住宅という物があります。
賃貸併用住宅とは、大家である自分が住んでいる部分と、賃貸物件として貸し出す物件があることです。
居住空間が51パーセント以上なら、通常のアパートローンよりも金利が低くできるため、初期費用の金利を抑えられて便利といえます。
また、賃貸部分を効率よく利用することで、副収入が入ってくるため、老後の備えとなることも少なくありません。
地域によって賃貸物件部分の利用者は大幅に異なるため、どれくらいニーズが高いのか、初期費用を考えて収益率とのバランスを取ることが、土地活用として成功につながるといわれています。
事前に不動産業者や調査等を入れることによって、成功しやすい運営が可能となるでしょう。
ただし、騒音や空室などのリスクも懸念されるため、騒音部分に対する備えと、空室対策をしっかりしておくことが必要といわれています。
大家の家をしっかり防音しておくことで、多少の騒音緩和につながるでしょう。

Page Top